RSS 対応ニュースリーダー
NewsGlue

 

RSS に対応した

ニュースや日記をまとめて

キーワードなどで分類して読める

たくさんのサイトを巡回したり、1度読んだニュースをまた読んでしまったり…NewsGlue を使うともっと便利になります。

  • いろいろなサイトのニュースを集めてきて、メールのように一覧することができます
  • フォルダーで分類して、たとえば経済関連のすべてのニュース、といった読み方ができます
  • キーワード フィルターで関連記事を検索して読むことができます
  • メールのように読んだニュースには既読の印が付くので、何度も開いてしまうことがなくなります
  • オフライン機能で、インターネットに接続していないときでも記事の本文を見ることができます
  • Lycos ダイアリー、WEB 日記エンピツ、はてなアンテナ、などのウェブサイトにも対応しています

基本部分は無料ですので、まずはお使いいただき、NewsGlue を使うと Web サイトでニュースを読むよりもいかに便利になるかをご体験ください。

日記、メルマガなどニュース以外にも対応

NewsGlueRSS という規格に対応しているサイトであればなんでも読み込めます。ニュース以外でも、Lycos ダイアリー、WEB日記エンピツ、はてなアンテナ、2チャンネルなど、たくさんのサイトがこの規格に対応しています。

対応サイトは、RSS/OPML検索 で検索することができます。
NewsGlue は提供されるデータを表示するためのソフトです。それぞれの情報が動作していること、および正確であることを保障するものではありません。
各サイトで提供されるデータに関しては、各サイトの免責事項などをご確認の上でご利用ください。

専用リーダーならではの便利さ

インターネットに接続していない時でも更新済みのニュースを確認して、読んでおきたいニュースは [後で読む] をクリック。興味のないニュースは [既読] をクリック。あとで接続した時に [後で読む] ニュースを全部まとめて読むことができます。

移動中などの時間も利用して、大事なニュースだけを取りこぼさないようにしっかり読むことができます。

ニュースをフォルダー分けして読みたい記事だけを

いろいろなニュースや日記をフォルダーに分けてためておいて、読みたい時に読みたい記事だけを読むことができます。

人気の高い購読元はあらかじめ登録してあるので、リストから選んで 購読 ボタンを押すだけで購読できます。

Web 表示でメールや Web サイトを読むように

メールのようなリスト表示のほかに、Web サイトのニュースのように一覧で表示する Web 表示をサポート。リンクをクリックすると自動的に既読になるので、読んでいない記事が一目でわかる便利な 画面です。

 

キーワード機能で関連ニュースを自動分類

キーワードフィルタ ーを登録しておけば、新しいニュースは自動的にそのキーワードフィルターに追加されていきます。

すべての新聞やインターネットニュースから株価に関するものを集めて表示、といったことが NewsGlue ならワンクリックで実現できます。件名などによる並び替え機能と合わせて、同じ事件をこの新聞ではこう書いている、といったことがすぐにわかるので、メディア リテラシーが自然に上がっていきます。

金融・経済、コンピュータ、ゲーム、スポーツなどの分類は標準で登録されているので、使い始めたその日から読みたい記事だけを読むことができます。

自分でキーワードを定義して新しい分類も作れます

自分で新しいキーワードを登録したり、キーワードをまとめてフォルダーを作ったりすることもできるので、自分の読みたい記事だけを集めた自分専用のニュースサイトがかんたんに作れます。

オフライン機能でインタネットに接続していないときでもウェブ ページを見ることができます

ウェブ ページをオフライン用に取得することができるので、より高速に、またインターネットに接続していない時でも読むことができます。

オフラインの設定 は購読元、キーワード フィルター、あるいはフォルダー単位で行うことができますので、自分のほしい記事だけをすばやく、好きな時に読むことを可能にします。

メール連携機能で、メールソフトで読むこともできます

メール連携機能 を使うと、NewsGlue で集めた記事をメールソフトに転送して、メールソフトで読むことができます。使い慣れたメールソフトで読みたい、出先で読みたい、Pocket PC で読みたい、記事をメールとして保存しておきたい…そんなニーズにも応えます。


無料体験版 ですべての機能を使うことができ、体験版期間を過ぎても基本機能はそのままお使いいただくことができますので、まずはご体験ください。

無料体験版 についての説明を見る

仕様 を確認する